SKK日本語入力FEPへの移行

最近 skkime が更新されていないため試すことにした。SKK といえば▽だが、出ないのが仕様のようだ。

  • インストールなど:ダウンロード後、アーカイブを解凍して、setup.js を実行。
  • システム辞書:C:\WINDOWS\IME\SKK0\DICTS\skk-dict.txt インストール時に自動で SKK-L.JISYO をダウンロードしてくれる。複数辞書対応。
  • ユーザ辞書:C:\Users\自分のユーザ名\AppData\Roaming\SKKFEP\skkuser.txt

DDSKK のユーザ辞書との同期を取るためのバッチファイルがこれ。今のところ上手く動いているっぽい。

set SKKFEPDIR=%USERPROFILE%\AppData\Roaming\SKKFEP
set SKKDIR=%USERPROFILE%

rem DDSKK euc-jp-dos
rem SKKFEP UTF-8

nkf -e %SKKFEPDIR%\skkuser.txt > %SKKDIR%\skk-jisyo.skkfep
cd %SKKDIR%
skkdic-expr2 .skk-jisyo + skk-jisyo.skkfep > skk-jisyo-merge
nkf -w8 skk-jisyo-merge > %SKKFEPDIR%\skk-jisyo-merge
del .skk-jisyo
del skk-jisyo.skkfep
move skk-jisyo-merge .skk-jisyo
cd %SKKFEPDIR%
del skkuser.txt
move skk-jisyo-merge skkuser.txt
 

C/Migemo を Windows 8 にインストール (Emacs 24 に移行のため)

休みを利用して Emacs 24 に移行してみるの巻。今は Windows バイナリを解凍するだけで良くなった。

  1. ダウンロードと解凍
  2. emacsの実行ファイルのディレクトリをPATHに追加
  3. runemacs.exe へのショートカットの作成
    • 次のようにプロパティを設定しておく。%USERPROFILE% を作業フォルダにする。
  4. ショートカットをスタートメニューに表示
    • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs または%USERPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programsにショートカットを移動またはコピー
  5. DDSKKのインストール
  6. C/Migemoのインストール:基本はここの手順が基本でコンパイルを省略すれば良い
    • 必要なファイルは C/Migemo Windows バイナリmigemo.el
    • cmigemo.exe と migemo.dll はパスの通ったディレクトリに移動
    • migemo 辞書をコピーするため C/Migemo Windows バイナリを解凍した(残りの)ファイルをフォルダごと ~/emacs.d/site-lisp/ に移動
    • migemo.el も load-path の通った ~/emacs.d/site-lisp/ に移動
    • DOS窓で動作確認をしておくとよい
      (setq migemo-command "cmigemo")
      (setq migemo-options '("-q" "--emacs" "-i" "\a"))
      (setq migemo-dictionary (expand-file-name "~/.emacs.d/site-lisp/cmigemo-default-win64/dict/utf-8/migemo-dict"))
      (setq migemo-user-dictionary nil)
      (setq migemo-regex-dictionary nil)
      (setq migemo-use-pattern-alist t)
      (setq migemo-use-frequent-pattern-alist t)
      (setq migemo-pattern-alist-length 1000)
      (setq migemo-coding-system 'utf-8-unix)
      (load-library "migemo")
      (migemo-init)
 

SKKIME, DDSKK ユーザ辞書の共有

元ネタはこちらのSKK-JISYO.Lなどの自動更新。これに加え、下記のように文字コードが違うDDSKK, SKKIMEのユーザ辞書をログイン時にマージすることで(疑似)共有。DDSKK, SKKIMEともに、ファイル辞書は利用せずSKKサーバを参照する設定にしてある。

  • SKKIMEのユーザ辞書:UTF-16(BOM付き), %USERPROFILE%\AppData\Roaming\skk\skki1_5\skki1_5u.dic
  • DDSKKのユーザ辞書:EUC-JP-DOS, %USERPROFILE%\.skk-jisyo

“SKKIME, DDSKK ユーザ辞書の共有”の続きを読む