LaTeX Beamerでもプレゼンテーションモード

今のところ使うのが憚られるWindowsでしか確認ができていないがようやくできた(17:24追記:Linux Mintでも確認)。プレゼンにカンペがあるのは良くないというご批判は謹んでお受けします。

必要なもの

サンプルソース

\documentclass{beamer}
\usepackage{pgfpages}
\setbeameroption{show notes on second screen}
…

結果

デュアルヘッドで片方はプレゼンテーションモードになっている
デュアルヘッドで片方はプレゼンテーションモードになっている

参考記事

 

beamerでオーバーレイ画像

オーバーレイ画像というか、スライドいっぱいに画像を貼りたいときがあるがbeamerでは \usebackgroundtemplate を使う(この方法しか知らない)。いつも分からなくなるのでメモ。もっと良い方法を知っている方教えてください。

{\usebackgroundtemplate{\begin{picture}(352,272)(0,0)%単位はpt。(352,272)はスライド幅
\put (0,0){\includegraphics[width=\paperwidth]{imagefile}}%左下隅に画像
%\put (0,0){○}%原点は左下
%\put (10,10){△}
%\put (250,200){.}
%\put (300,200){◎}
%\put (360,200){●}
\end{picture}}
\begin{frame}{スライドタイトル}
…
\end{frame}
}

2015/12/01追記:width=.5\paperwidthと意味不明な記述があったので左下に画像を配置し、かつ紙面いっぱいになるようなソースに修正。