Amazon Web Services 実践入門/Architecting on AWSに参加

トレーニングで使用する演習環境のLMSのようなもの。慣れが必要であった。
トレーニングで使用する演習環境のLMSのようなもの。慣れが必要であった。

enPit関連のMLで知り、無理をして参加しました。実践入門とArchitecting…で5日間必要なのですが、3日間のみの参加です。それぞれは本当なら一日あたり$600ということなのですが、今回の企画は無料でした。「AWSはすごい」というのはよく聞きますし、通常使っている「なんちゃってクラウド」に嫌気がしており、AWSがなんぼのものか興味があったのです。

  • EC2/EBS
  • S3/Glacier
  • ELB
  • VPC

最初の2日で、EC2のインスタンスを立ち上げ、WordPressのスタティックコンテンツはS3に格納、その前段にCloudFrontによるキャッシュを実装しました。また、EC2のAuto ScalingやELBの機能について学びました。3日目はより詳しく、IAM、EC2、S3について、またオンプレをどのようにAWSに移行するかのディスカッションを行いました。

感想。今更ですがAWS凄いです。これは大学でプライベートクラウドとか構築してる場合ではありません。情報系センターの仕事がなくなります。一方、実際に学んでみてAWSが魔法のシステムではないということも分かりました。早速NASのバックアップにS3とGlacierを使おうと思います。

ハードルがあるとしたら、月額○○とか年額○○という料金体系に飼い慣らされてきた日本での従量課金でしょうか。今後どのような展開が待っているか楽しみです。