C/Migemoのインストール2016

ローマ字でi-searchができるようになる。migemo.elはMELPAに登録されているので必要な作業はバックエンドのC/Migemoだけである。

  1. http://www.kaoriya.net/software/cmigemo/ からバイナリをダウンロードしパスの通った場所(下の例では C:/Program Files/cmigemo/)に展開
  2. MELPAからmigemo.elをダウンロード&インストール
  3. inits/windows-migemo.elを以下のように設定
    (require 'migemo)
    (setq migemo-command "cmigemo")
    (setq migemo-options '("-q" "--emacs" "-i" "\a"))
    
    (setq migemo-dictionary (expand-file-name "C:/Program Files/cmigemo/dict/utf-8/migemo-dict"))
    
    (setq migemo-user-dictionary nil)
    (setq migemo-regex-dictionary nil)
    (setq migemo-coding-system 'utf-8-unix)
    ;(setq migemo-use-pattern-alist t)
    ;(setq migemo-use-frequent-pattern-alist t)
    ;(setq migemo-pattern-alist-length 1000)
    (load-library "migemo")
    (migemo-init)
    
    
 

grammar.el で英文法チェック

elそのものは2010年で開発が止まっているが、英語力を向上させたいのでまずはEmacsからはじめたを見かけインストールしてみた。Linux Mint 17.3 で確認。

前提となるライブラリなどのインストール

sudo aptitude install liblink-grammar4-dev link-grammar 

grammar.el のダウンロード

svn co http://bcui-emacs.googlecode.com/svn/trunk/grammar

grammar の make とインストール

cd grammar
clang++ -O2 -llink-grammar -I/usr/include/link-grammar grammar.cc -o grammar
sudo cp grammar /usr/local/bin/
sudo cp grammar.el /usr/share/emacs/site-lisp/

init.el などに以下を追加

;; grammar checker
(require 'grammar)
(setq grammar-program-name "/usr/local/bin/grammar")

参考記事

 

Emacs24.5 新しいフレームでフォントが違うのを修正

環境はEmacs 24.5, Windows10である。init frameをメイリオで設定しているのだが、C-x 5-2で新しいフレームを開くとこんな風になる…。

frame-fonr-emacs24.5
フレームごとにフォントが番う例

そこで、MewやFiremacsで余りに有名な山本和彦さんの記事を参考に修正!山本さんありがとうございます。

;; C-x 5 2 で新しいフレームを作ったときに同じフォントを使う
  (setq frame-inherited-parameters '(font tool-bar-lines))
 

Emacs 24.5 で「作業ディレクトリ」を指定すると

過去の記事でまとめた通り、Windows8でEmacsを起動するショートカットに「%USERPROFILE%」を設定すると、find-file (C-x C-f でファイルを開く)でUNIXで言うところのホームディレクトリからスタートできた。4/11にリリースされたEmacs24.5では以下のようになり正常に起動できないことを3台のWindows8.1で確認。

  • 作業ディレクトリをデフォルトの、「C:\Program Files\emacs\bin」などrunemacs.exe があるディレクトリにする
  • find-file のデフォルトディレクトリは別途設定(参考)
    (setq command-line-default-directory "~/")

Emacs24.5 init Error
2016.6.6追記

initを綺麗にしたらWindows10で起動できないという事象は発生しないことを確認。

 

Emacsで辞書再び

今までEBWinに逃げていたが、久しぶりに設定。学生時代からlookup.el派である。

実現したいこと

Emacsからの複数辞書(串刺し)検索

emacs-dict
ロジェのシソーラス、EDICTで「Think」を検索したところ。

手法

lookup.el + eblook + 辞書データ

必要なもの

  • Emacs 24.4以上
  • lookup2
    • configure;make installを使うためMSYS2をインストールする
      uep@michel MSYS ~
      $ ./autogen.sh
      $ ./configure --with-emacs=\"/c/Program\ Files/GNU/Emacs-24.4/bin/emacs\" --with-lispdir=/c/Users/uep/AppData/Roaming/.emacs.d/site-lisp --infodir=/c/Users/uep/AppData/Roaming/.emacs.d/info
  • eblook-1.6.1+media
    • eblook.exe にリネームしパスを通しておく

設定

;;;;;; Lookupの設定
;;;  オートロードの設定
(autoload 'lookup "lookup" nil t)
(autoload 'lookup-region "lookup" nil t)
(autoload 'lookup-pattern "lookup" nil t)

(define-key global-map [(control c) (control e)]
   'lookup-pattern)
(define-key global-map [(control c) e]
   'lookup-region)

(setq ndspell-ispell-program "aspell")

lookupの検索エージェントの設定の部分で、ndebではなくndebs を使うとndspellで「too many open files」エラーが出ず快適に使用できる。有用なソフトウェアを公開してくださった Ito Kazuhiro 様をはじめとする諸氏に感謝する。

~/.emacs.d/lookup/init.elに辞書の設定を切り出せばネットワーク環境の違いにより辞書を変更でき便利である。

(setq lookup-search-agents
      '(
	(ndeb "h:/dict/roget/")
	(ndeb "h:/dict/edict/")
	(ndspell)
	)
      )
 

Emacs 24 + Thunderbird on Windows8

昔は Wanderlust を使っていたのだが Thunderbird に堕落して1年以上…。メールの本文を書くときは Emacs でないと困るので、Thunderbird のプラグイン「External Editor」を使っている。外部エディタとして gnuclientw.exe を指定すれば良い。

"C:\Program Files\GNU\emacs-24.2\bin\emacsclientw.exe" -a "C:\Program Files\GNU\emacs-24.2\bin\runemacs.exe" と入力すればよい。注意:コピペしただけではダメで、ダブルクォートを半角で入れる必要がある。
“C:\Program Files\GNU\emacs-24.2\bin\emacsclientw.exe” -a “C:\Program Files\GNU\emacs-24.2\bin\runemacs.exe” と入力すればよい。注意:コピペしただけではダメで、ダブルクォートを半角で入れる必要がある。

また、Emacs を「事前に」 Server として起動しておく必要がある。

;;;;;;;  server start for emacs-client
(require 'server)
(unless (server-running-p)
  (server-start))
 

C/Migemo を Windows 8 にインストール (Emacs 24 に移行のため)

休みを利用して Emacs 24 に移行してみるの巻。今は Windows バイナリを解凍するだけで良くなった。

  1. ダウンロードと解凍
  2. emacsの実行ファイルのディレクトリをPATHに追加
  3. runemacs.exe へのショートカットの作成
    • 次のようにプロパティを設定しておく。%USERPROFILE% を作業フォルダにする。
  4. ショートカットをスタートメニューに表示
    • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs または%USERPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programsにショートカットを移動またはコピー
  5. DDSKKのインストール
  6. C/Migemoのインストール:基本はここの手順が基本でコンパイルを省略すれば良い
    • 必要なファイルは C/Migemo Windows バイナリmigemo.el
    • cmigemo.exe と migemo.dll はパスの通ったディレクトリに移動
    • migemo 辞書をコピーするため C/Migemo Windows バイナリを解凍した(残りの)ファイルをフォルダごと ~/emacs.d/site-lisp/ に移動
    • migemo.el も load-path の通った ~/emacs.d/site-lisp/ に移動
    • DOS窓で動作確認をしておくとよい
      (setq migemo-command "cmigemo")
      (setq migemo-options '("-q" "--emacs" "-i" "\a"))
      (setq migemo-dictionary (expand-file-name "~/.emacs.d/site-lisp/cmigemo-default-win64/dict/utf-8/migemo-dict"))
      (setq migemo-user-dictionary nil)
      (setq migemo-regex-dictionary nil)
      (setq migemo-use-pattern-alist t)
      (setq migemo-use-frequent-pattern-alist t)
      (setq migemo-pattern-alist-length 1000)
      (setq migemo-coding-system 'utf-8-unix)
      (load-library "migemo")
      (migemo-init)